体脂肪率(3)

ここでは、「体脂肪率(3)」 に関する記事を紹介しています。

ダイエット中でも甘いものが食べられる秘密のレシピがい~っぱい!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★今日のちえつくポイント★

肥満度といえばBMIという指標が一般的ですが、より正確に肥満度を
知るためには、体脂肪率を測定する必要があります!




皮下脂肪測定器



自分の体重の中に占める脂肪の割合のことを体脂肪率と言います。
体脂肪率を測ることにより、自分の肥満度を確認することが出来るのですが、
この肥満度に関しては「BMI」という簡易な指標もあります。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

肥満度の最も簡単な判定方法です。

ただし、BMIは筋肉等のつき方などで大きく変わりますので、同じBMIであっても
片や肥満、片や肥満ではないというように曖昧な面もあります。
従って、本質的な意味で肥満を確認するには体脂肪率を測定する必要があります。

正確な体脂肪率を測るためには体脂肪率計が必要ですが、体脂肪率計がない場合でも
次の簡易計算式からも求めることは出来ます。

体脂肪率(%)=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100

このように体脂肪率の計算自体は簡単なのですが、体脂肪量を知るのは難しいです。


キャリバー法体脂肪率計算法という体脂肪率の計算法があります。
これは体脂肪量を計算し、それから体脂肪率をはじき出します。
キャリバー(皮下脂肪厚計)を用いて皮下脂肪の厚みをまず測定してから計算します。
計算式は次の通り。

体表面積(平方センチ)=72.46×身長の0.725乗×体重の0.425乗
Y:係数=皮脂厚合計(mm)×体表面:平方センチ÷10,000÷体重(kg)×100
D:身体密度=1.0923-0.000514×Y
体脂肪率(%)=(4.570/D(身体密度)-4.412)×100

この計算法ですが、個人により皮下脂肪厚の分布には違いがありますし、内臓脂肪の
測定が出来ないこと、また測定には技能が必要となるなどの欠点もあります。


【PR】
以前にここで何度か健康的ダイエットに大きな効果が認められることで話題の
”バランス・ボール”の画像を載せたことがありますが、
そのバランス・ボールを利用したダイエット法に特化した教材を紹介します。

バランスボールを使うことにより、

・体のゆがみを知り
・ゆがみを改善しつつインナーマッスルを鍛え
・筋肉と骨格に柔軟性を持たせる

ことが出来ます。

これはダイエットだけではなく、健康維持にも効果的なことですし、
肩や首、腰にも良いことだと考えます。
バランスボールを持ってはいるけど、効果的な使い方がわからないという方、
バランスボールはまだ使ったことのない方、どちらにもお勧めします。
バランスボールもセットになったお得なコースもあります。
リンク先に非常に詳細な説明がありますので、是非目を通してみてください。
          ↓  ↓  ↓


大野カズマサのバランスボールダイエットプログラム【スタートアップコース・オプション付】



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://healthcheckpoint.blog105.fc2.com/tb.php/34-5591183c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。